トップページ »  在宅医療・介護連携相談支援室からのお知らせが新しくなりました。

在宅医療・介護連携相談支援室からのお知らせが新しくなりました。

2018-05-29 21:27:35


在宅医療・介護連携相談支援室のチラシ(改訂版)を作成しました。
「東住吉区在宅医療・介護連携相談支援室」では、医療や介護関係者から在宅医療・介護連携に関する相談をお受けしています。

気軽にご相談ください。
お待ちしております。

在宅医療_介護連携相談室

在宅医療・介護連携推進のための情報連携シートについて
また、「医療と介護の連携の会」「在宅医療連絡会」において、従来の連携シートを見直し、より活用しやすいものにと改訂しました。情報共有ツールとしてご活用ください。

情報連携シートには、次の4種類があります。

1)「医療・介護情報FAX連絡票」

医師、歯科医師、薬剤師、訪問看護師、ケアマネジャーなどの多職種間で相互に使える『共通のシート』で、FAXにて行います 。

2)「介護情報提供書」

ケアマネジャーが、利用者の情報を主治医に伝える時に使用します 。

3)「こころの情報提供書」

ケアマネジャーが、物忘れなどがあるために利用者に起こっている日常生活のしづらさや困りごとなどを診察場面で伝えることが難しい時に使用します。

4)「入院時情報提供シート」

ケアマネジャーが、利用者が入院した時、入院先の病院へ情報提供する時に使用します。

これらの情報連携シートは、下記でダウンロード できますのでご活用ください。

1)医療・介護情報FAX連絡票

2)介護情報提供書

3)こころの報提供書3.1)こころの情報提供書【記入例】

4)入院時情報提供シート